アロマ&ハーブのある暮らし

リアン オーガニックエッセンシャルオイル 野性ラベンダー

南フランスでしか採れない野生ラベンダーの精油がLien(リアン)の石田佳奈子さんから届きました。
加奈子さんが弟子入りした伝統的蒸留農家であるボイヤーさんとルソーさんそれぞれが、高地に自生するラベンダーを手摘みで収穫し、昔ながらの蒸留、ボトリングを行った最高品質の野生ラベンダー精油です。

フランス、プロバンス地方の高山に自生している野生種のラベンダーを手摘み収穫したもののみを使用しています。生育場所の標高が高くなるほど、鎮静、抗痙攣、鎮痛作用があると言われている酢酸リナリルという成分の割合が増して甘い香りになります。天然湧き水を使い伝統的水蒸気蒸留法で抽出。甘く繊細な香りがするのと同時に、野生ラベンダー独特の深みのある上品な香りが残るのが特徴です。

5ml  2250円 (税込2430円)
10ml 4000円 (税込4320円)


Lien. リアンについて


リアンの特徴はフランスのオーガニックファームの中でも、土を汚染しない、そして自然のバランスを壊さないストイックな理念をもつ農業組合”Le Syndicat Simples" に登録している、小規模オーガニックハーブ農家とのみ提携していることです。リアンはフランス語で「つながり」を意味します。このような信念を持ち、フランスで伝統的蒸留を受け継いでいる農家と消費者を結び、この精油で自然と一体化、そしてお買い求めいただいた方々の身体と心も一つにつながってもらえますようにという願いがこもっています。リアンの製品はエコサート (ECOCERT)、AB(Agriculture Biologique)マーク、ナチュール・エ・プログレ(Nature et Progrès)、Le Syndicat SIMPLESなど複数のオーガニックの認証を得ているので安心してお使いいただけます。 


石田佳奈子さん: 

リアン創立者 英国IFAアロマセラピスト資格取得後、精油の製造を習得するためにフランスに渡り、農業を学ぶため仏国農業省認定農業学校ハーブ学科を卒業。その後伝統的蒸留農家に弟子入り、精油の製造を学ぶ。

現在は北西フランスのブルターニュ地方の田舎で小さなハーブ農場を経営。幼いころ地元北海道で農家であった祖母の姿に影響を受けたのが最初のきっかけとなり、自然農業、または有機農業をベースに農業活動をアロマセラピー講義活動と並行して行っている。

ボイヤーさんのラベンダー精油


プロバンス・アルプス・コートダジュール地方自然公園内、標高1300mで古来種のバラを専門に土地に根付いた農業を展開。彼らの植物は、地中海と自然豊かな山林、両方からの影響下という特別な土地柄だからこそ高品質。 ラベンダーは困難な環境で成長するほど逆境に立ち向かう強さが、その香りと作用を強くしていきます。ご夫妻の農場の回りには標高1600m級の野生ラベンダーが自生。この質のラベンダーは生産者が少ないため入手しにくく、香りも格別でアロマセラピーでは最高品質とされています。

ルソーさんのラベンダー精油


ローヌ・アルプス地方で精油づくり専門15年のベテラン農家。種まきからボトリングまですべての作業をお二人で行っています。

ご夫妻の銅製蒸留器で作られた精油はまろやかで優しい香り。古代からヨーロッパでは銅には優れた殺菌作用があり、熱伝導率にも優れており、健康に良い影響をもたらす素材として取って代わるものがない無いと考えられています。また銅イオンの殺菌効果により保存期間の長い蒸留水が抽出できます。

ネットでのお買い物について


お電話でのお問い合せはこちら(受付時間 12:00〜17:00 火曜日から日曜日)

042-312-4414