こどもみらい測定所について

こどもみらい測定所は、
東京都国分寺市にあるカフェスローの入口にある
エコマーケット memoli に開設された
放射線市民測定所です。


こどもみらい測定所

こどもみらい測定所

  • 2011年の東日本大震災における原発事故後、
  • お店に売っている食材はすべて検査しているの?
  • 子どもに食べさせていいかどうか測ってみたい。
  • 子どもに安全なものを食べさせてあげたい。
  • 自分でつくっているお野菜を測ってみたい。
  • 歩きはじめた子どもを外で遊ばせたいけれど大丈夫?
  • 家の周りや砂場が安全かどうかしりたい。

そんな不安を一つでも解決し、安全で安心して暮らし、
子育てできる環境と生産者さんや地域のみんなで
食の安全を守っていけるよう
市民測定所を設立することにしました。

自分たちで食品や空間の放射線を測定して、
そのデータをHPで公開したり、
正しい知識を学びあい、
お母さん同士で有益な情報を交換していける
茶話会や勉強会などを開催しています。


ATOMTEX社製 AT1320A

ATOMTEX社製 AT1320A

測定器について:
測定器はベラルーシのATOMTEX社製 AT1320A 
2台となります。


こどもみらい測定所の相談事業について


こどもみらい測定所の相談事業について

こどもみらい測定所の相談事業について

こどもみらい測定所では、食品・土壌の放射能測定を利用した方に、測定結果をただお渡しするのではなく、来所のきっかけとなった放射能についての疑問や不安の解消にお役に立てるよう、可能な限り時間をかけて説明をさせていただいています。

開設から現在にいたるまでの活動から、市民測定所としての私たちの基本的役割は、

1.食品・土壌の放射能の測定作業
はもちろんのこと、
2.放射能測定になじみがない方たちへの基本的な情報提供
3.放射能についての不安・悩みの相談・カウンセリング

であると考え、
現在、こどもみらい測定所では測定作業の他に、より多くの方の疑問にお答えするため、個別のご相談や講座も行っています。
skype または電話によるご相談も受け付けております。ご希望の方は、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

協力団体:
子どもたちを放射能から守る全国ネットワーク
アースデイ東京タワーボランティア・センター